生徒の日常の成果を可視化するために、英語専用の成績表を作り、昨年から活用しています。定期試験ごとにこの成績表を生徒に配布し、モチベーションの向上を図っています。ステップはいたって簡単。小テストや提出物の得点をエクセルに入力するだけです。あとは、関数とマクロが自動で成績表を作成してくれます。英語の成績表なので、欧米式の成績表に近い形でデザインしました。

11月の個人面談では、この表をベースに保護者面談が行われます。面談では定期試験の良し悪しだけでなく、日々の小テストはどれくらいできているか、提出物の状況はどうか、英会話の成果はどうかなど、より具体的な授業評価を話題にすることができます。

この成績表が出るようになってから、小テストの平均点が上がり、提出物の期限を守る生徒も増えました。今年から中学全学年でこの成績表の活用が始まっています。

Transcript1Transcript2

このファイルに興味のある方はいつでもご連絡ください。

ESN ICT研究 関東代表

高瀬 lerk3mf06@outlook.jp

広告