20181227「思考力ワークショップ」でファシリテーターを務めさせて頂きました。3時間のファシリ、うまくいくかドキドキでしたが、参加者の皆さまのおかげで、一緒に楽しく有意義な時間を過ごすことができました。サポート役としてご協力頂いた久保先生、山田先生、鮫島先生にも感謝の気持ちで一杯です!

今回のワークショップのキーワード:

思考力ブレスト(What / Why / How)、 Deductive / Inductive Approach, ブレストテクニック, ファシリテーションテクニック, TOK ( Knowledge Claim, Knowledge Question, Ways of Knowing), 認知バイアス, ブルームのタキソノミー、欧米の現地校教材に見る思考コード、日本の知育教材に見る思考コード、首都圏模試センターの思考ルーブリック、思考力に関する時代の流れ、Fact or Opinionの考え方、H30思考調査問題リーディング分析、思考力問題の授業展開ブレスト

今回、ワークショップで初めてResponというリアルタイムウェブアンケートを使ったのですが、思った以上に使いやすかったです。無料版は24時間で2〜4問までのアンケートしか作れませんが、充分でした。また授業でも使ってみようと思います。